返済することができないほどクレジットカードでお金を借りてしまってはいけませんが、中には際限なく借りてしまう人もいます。
もともとは計画性がないのが原因ですが、クレジットカードのキャッシング機能というとても便利なものを覚えてしまったためにお金が簡単に手に入るという錯覚をしてしまっているのです。


クレジットカードのキャッシングを100人の人がしたとしたらおよそ5人から6人は返済することができないぐらいまで、借りてしまいます。

もともとほかで借金をしていて、その借金を返済するためにクレジットカードをつくってお金を借りたのかもしれませんが、いずれにしてもお金にたいして意識の甘さが露呈しています。どうしてもお金を返すことができない場合は、最終的に法律家の力を借りるしかありません。

クレジットカードが最近こちらで話題になりました。

どのように解決するかといえば債務整理で解決をします。



債務整理の中に個人再生というものがあります。

クレジットカードに関連した書きかけ項目です。

個人再生とは現在働いて安定した収入があり、しかも細部を減少させる場債務の返済が可能だと思われる人に対して適用します。

個人再生の問題点は、官報などに掲載されてしまうことです。

そのため親や親せき、会社の人に内緒にしようと思ってもばれてしまいます。
もっとも官報を丁寧に読む人も少ないかもしれませんのでばれる確率はそれほど多くないでしょう。

ただうわさがうわさを呼び、あまり聞かれたくない人の耳に入ってしまうことも十分に考えられます。ですので、個人再生をする場合は内緒にしておくことはあきらめましょう。